横浜の注文住宅でよく見られるこだわりのポイント

日本の海の玄関、横浜で建てられる注文住宅は、外来の輸入住宅が主流と思われがちですが、そうではありません。この地では二つのこだわりが見られます。ひとつは、地震に対して丈夫な家であること、もう一つは、自然素材を使った健康的な住宅であることです。この二つの流れは日本各地で見られますが、工務店の多いこの地では特に目立ちます。地震に強い家も、自然素材を使った家も、共に手間がかかります。大手メーカーでは敬遠しがちで、こだわりのある工務店にして始めてできることです。優秀な工務店が数多く存在することがこの地の強みです。多くの地域で工務店は大手メーカーにシェアを奪われていますが、この地の工務店は元気です。独自の視点から工法や材料の使い方を見直し、顧客のための家づくりをしています。

伝統的な木造にこだわる地震に強い家

現在、日本に建てられる家は、格段に耐震性能が向上しています。建築基準法による最低限度の基準を満たしただけの家は主流ではなく、多くはそれ以上の耐震性を要しています。横浜で建てられる注文住宅の耐震性能は、巨大地震を想定したものです。耐震性の高い家をつくる方法はいくつかありますが、伝統的な技術で耐震性を高めるのが、この地のこだわりです。2×4工法は建築初期に高い耐震性を示しますが、経年により耐震性が低下します。SE工法は、木造の接合部に金物を使ったものですが、木の収縮についていけません。長期に耐震性を維持する家は、伝統木工法で建てられます。伝統木工法は日本の伝統工法として、大工棟梁により長く技術が引き継がれてきましたが、この地の工務店にも伝統が引き継がれています。

無垢材をふんだんに使った自然素材の家

横浜の注文住宅には、自然素材を使った健康的な家が目立ちます。大手メーカーの建てる家には、ビニルクロスなどの工業製品が多く使われていますが、健康にはあまり良くありません。自然素材は化学物質を使用していない自然の材料です。無垢の木や漆喰などで家の仕上げをします。自然素材が用いられてこなかった理由は、コストが高いことと、手間がかかることです。自然素材は需要の増加によりコストが下がり、手が出ないものではなくなりました。施工も熟練した職人が行えば、トラブルの発生は少なくなります。自然素材の家では、構造材に国産材を使います。木曾の檜は国内最高の品質を誇るもの、奈良の法隆寺にも使われています。青森ヒバは、シロアリが寄り付かないヒノキチオールを含有しています。これらの自然素材を使うことで、真に健康的な家をつくることができます。