横浜で実際に注文住宅の家を建てた人にインタビュー

注文住宅を建てるためには、お金が必要になりますが、建売住宅に比べてもお金がかかるのが特徴です。建売住宅の場合、なぜ安くすることができるのかと言えば、やはり、企画が統一されているからではないでしょうか。企画が統一されていれば、一軒の住宅のために資材を取り寄せる必要がありません。また、デザインを0から考える必要がありません。そのため、デザインに対する費用も節約することができるというわけです。ですが、建売住宅であればそれほど魅力がないのも事実です。やはり、出来上がった住宅だからではないでしょうか。もちろん中には、住宅の設計について面倒臭いと考えている人もいますので、建売住宅を選ぶこともありますが、多くの人にとっては自分で設計することができる注文住宅は非常に魅力があるのです。

横浜で住宅を建てる時に注意すること

横浜で注文住宅を建てた人にインタビューをすると意外なことがわかります。表向きには東京からも近く、都会でありおしゃれな街としてのイメージがありますが、実際には様々な問題点を抱えています。もし、横浜に住みしかも住宅を建てるならば、しっかりとした予備知識を持っていることが大事になります。まず、市内でも中心部に住んでいる人は、音の問題に言及することが多いのが特徴になります。中心部に近ければ、たくさんの車やバイクが走っていますので、どうしても音の問題が出てきてしまうのです。また、土地が狭いため隣の家の生活音が聞こえたり、逆に自分の家の生活音が近所に聞こえたりすることもあるでしょう。そこで、防音性の高い住宅を考えてみてもいいでしょう。冊子を気にするだけでも防音対策になるでしょう。

海の近くに自宅がある場合にはどうするか

横浜には海があることで有名になります。海の近くに自宅を構えている人は毎日海の見える景色を眺めることができる可能性があり、羨ましく感じる人もいるのではないでしょうか。ですが、海から1キロぐらいの距離に住んでいる人は意外なことで悩んでいることがわかります。そのそれは、塩害です。塩害は、潮風が吹きつけることで住宅が劣化します。鉄部は、特に潮風により錆び易くなりますので、新築からわずか数年でサビにより汚くなってしまうこともあります。また、外壁材の劣化も激しくなるでしょう。この対策としては、ベランダなど鉄部がむき出しになっているような場合は、さび止めの塗料を使用しておいたほうがよいでしょう。また、外壁材に樹脂系の塗料を利用することで、外壁材の劣化を防ぐことができます。